入院の様子について

どうも、アルゴ動物病院院長です。

とても寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

久々の更新ですが、今日は入院している動物の様子を書こうかと思います。

写真の仔はあんずちゃん。

機能性イレウスを疑い入院して経過をみることにしました。
d0359072_10400361.jpg






















入院して治療を開始する前の様子です。

警戒してケージの奥の方で動かずに、尻尾の毛も逆立って大きく見えます。

実際フーッ、シャーッと怒ってました。

d0359072_10451342.jpg






















d0359072_10453355.jpg






















入院2日目です。

2枚目がボケてますが、ケージの前に出て来てニャーンと甘えた声で鳴いてスリスリしてきます。

点滴のラインがつながってますがお構いなしです。

この頃からお互いに愛情が強くなってきます。

そしてさらに数日経ち状態も安定し、点滴を外す頃には…
d0359072_16152314.jpg






















上目使いからの~

d0359072_16174918.jpg






















スリスリしてからの~

d0359072_16172676.jpg























絶頂の腰挙げです。

この間ずっとゴロゴロが止まりません。

ついついずっと撫でてしまいます。

しかし刻一刻と別れの時は近づいています。

そうです。

退院です。

元気になるのは嬉しいですが、こればかりは避けれません。

d0359072_16180641.jpg






















寂しいニャン(´;ω;`)

後日、経過を見せてもらいに来院してもらった際にはこの愛し合った日々が嘘のように僕から逃げまくってました…二度泣きですね(´;ω;`)

[PR]
by algo0123 | 2017-12-21 18:17