入院の様子について

どうも、アルゴ動物病院院長です。

とても寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

久々の更新ですが、今日は入院している動物の様子を書こうかと思います。

写真の仔はあんずちゃん。

機能性イレウスを疑い入院して経過をみることにしました。
d0359072_10400361.jpg






















入院して治療を開始する前の様子です。

警戒してケージの奥の方で動かずに、尻尾の毛も逆立って大きく見えます。

実際フーッ、シャーッと怒ってました。

d0359072_10451342.jpg






















d0359072_10453355.jpg






















入院2日目です。

2枚目がボケてますが、ケージの前に出て来てニャーンと甘えた声で鳴いてスリスリしてきます。

点滴のラインがつながってますがお構いなしです。

この頃からお互いに愛情が強くなってきます。

そしてさらに数日経ち状態も安定し、点滴を外す頃には…
d0359072_16152314.jpg






















上目使いからの~

d0359072_16174918.jpg






















スリスリしてからの~

d0359072_16172676.jpg























絶頂の腰挙げです。

この間ずっとゴロゴロが止まりません。

ついついずっと撫でてしまいます。

しかし刻一刻と別れの時は近づいています。

そうです。

退院です。

元気になるのは嬉しいですが、こればかりは避けれません。

d0359072_16180641.jpg






















寂しいニャン(´;ω;`)

後日、経過を見せてもらいに来院してもらった際にはこの愛し合った日々が嘘のように僕から逃げまくってました…二度泣きですね(´;ω;`)

[PR]
# by algo0123 | 2017-12-21 18:17

おはようございます。

先日書き溜めてあったので今日はブログ記事を連投してみます。

以前にも書いたハリネズミに関してです。

女の子で血尿が止まらないとのことで来院です。

すぐに麻酔下にて検査を行い子宮に何か溜まっているのが何とか見えた(小さいので中々判断が困難なのです)ので、後日手術を行いました。

d0359072_09303538.jpg
























手術時の写真です。

切開する場所がほかの動物種とは違いますし、麻酔管理も中々難しいです。

子宮は小さいですがよく見ると子宮の中に血液様の液体が貯留しています。

血尿の正体はやはり子宮からでした。

諸々に注意しながら子宮を摘出しました。

次の日には元気一杯で退院していきましたが、やはり以前の記事で書いたのと同じでこの仔も相当お怒りになっている状態で退院でした。

でも無事に元気に退院できて良かったです。

お疲れさまでした………やっぱり起きてる時に素手で触って遊びたかったなぁ( ;∀;)



[PR]
# by algo0123 | 2017-11-09 09:42

おはようございます。

アルゴ動物病院院長です。

最近と言っても先月ですが、病院の内装を変更しました。


d0359072_09120459.jpg











































以前の床はこんな感じでしたが、今回は



d0359072_09134015.jpg










































こんな感じに変更してみました。

他にも壁紙などを変更しました。

汚れが目立たないのですが、その分掃除をしっかりしないとな〜と思いました。

そして、内装以上に飼い主様に言われるのが…




d0359072_09155630.jpg










































そうです、空の水槽です。

壁紙を変更する関係上一度水槽を整理せざるを得なかったのですが、よく魚が居なくなったと言われます。

元々少し凝り性なので今度は少し趣のある水槽をと思って構想中ですが、仕事の合間に作業をするのでなかなか思うように作業が進まず悪戦苦闘中です。

何とか今年中には作れるように頑張りたいです…無理かなぁ。



[PR]
# by algo0123 | 2017-11-09 09:26

スタッフ犬ノアの誕生日


寒くなったり暑くなったりと安定しない気候が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな中病院のスタッフ犬のノアが10月1日に10歳の誕生日を迎えました。

今年で11歳かなぁと思って調べてみたら2007年10月1日産まれだったので10歳でした(汗)。

そんな間違いもあったりしたので、お詫びも兼ねて楽しみにしているご飯をその日は豪勢にしてみました。

本日のメニューです。

d0359072_17122356.jpg

























こう見えても意外と料理好きな僕は蒸しと蒸し野菜を作ろうと思い車でスーパーに行ったのですが、当日の夜に急患対応をしてあまりにも眠かったのと出来合いのワンちゃん用のものがおいしそうだったので思わず楽しちゃい買っちゃいました。

そしてお詫びの意味も込めて側にあったワンちゃん用の豆乳ラズベリー?のケーキも買いました。


d0359072_17192123.jpg











































美味しそうに食べているところを写真をと思って準備している間にほぼ完食です…。

ケーキは娘が誕生日の歌を歌いたそうだったのでロウソクに火を点けてムードを盛り上げてみましたが、今度は食べたいのに何か変なものが…とノアが固まってます。


d0359072_17221490.jpg




























娘が歌っている間ずっと真剣にロウソクの火を見つめています。



d0359072_17222982.jpg


























少し顔を近づけるだけで一歩も動かないです。



d0359072_17224382.jpg












































火を消してお皿に移した瞬間かぶりついていました。


ノアへ
10歳のお誕生日おめでとう。
長生きしてこれからも病院に来る人達やスタッフ、そして家族を楽しませてね。



[PR]
# by algo0123 | 2017-10-05 17:41

どうもアルゴ動物病院院長です。

今日は時間外診察について改めてお話しさせていただきます。

当院では夜中や休診日に急に具合が悪くなった仔を私が出来る範囲で診察しています。

友人の病院に手術を手伝いに行ったりセミナーで県外に出たりしていることもあるので、そういった時は時間外診察をお受け出来ないですが、それ以外はできる限りお受けしてきたつもりです。

ただし、お受けさせていただくには条件があります。

「当院が掛かり付けであり予防や治療、定期健診を行っていただいていること。」

基本的にはこれだけです。

なので初診の方やトリミングのみで来院されている方、一年以上の来院が無い方や一度来院したが継続治療が必要なのに継続治療をしていない方などはお断りさせていただいております。

時間外に病院に電話をしていただくと、

「はい、アルゴ動物病院です。
時間外診察をご希望される方は、発信音の後にカルテ番号、飼い主様と飼っている仔のお名前、簡単な症状、連絡先の電話番号を3分以内に録音してお切りください。
電話番号が録音されていない場合は、時間外診察をお受けできないので必ず電話番号を録音してください。
緊急を要さない方、一年以上の通院が無い方、当院で予防や治療を行っていない方、初めての方などは防犯上の理由により時間外診察をお受けできませんのでメッセージの録音はご遠慮いただきこのまま電話をお切りください。
対応可能な場合は20分以内に連絡しますが、20分以上経っても連絡が無い場合は大変申し訳ありませんが他の医療機関を受診してください。
また、こちらから連絡する際は電話番号を非通知にして掛け直しますので非通知設定を解除してください。」

上記のメッセージが1分程流れます。

その後上記の内容を録音し、非通知設定を解除してください。

非通知設定を解除していただかないと連絡が取れないのでご注意ください。

なぜ改めて書いたかというと、最近初めての方からの電話が多いことと非通知が解除されていないこと、緊急ではない連絡が多いことがあります。

電話が鳴ると誰かに何かあったのかとかなりドキッとします。

なのでホテルやトリミングなどの電話は診察時間にお願いいたします。

非通知設定の解除は以前止むを得ず電話をお掛け直ししたその後、時間を問わずほぼ毎日連絡をされたことがあり電話番号を変える事になったのでお願いしております。(めったにないことだとは思いますが…)

初めての方の時間外診察をしないのは差別だと仰った方もいらっしゃいましたが、こちらでどういう仔かを把握していなければやはりお受けは出来ません。

なぜなら当院は時間外を専門に受けている病院とは違い、時間外の診察には私1人で当たることもあります。

どういう仔かを把握していなければ(投薬等がある仔などは特にです)治療が遅れますし、なにより怪我を負わせてしまうかもしれません。

お互いの信頼関係(飼い主様・飼っている仔と私の信頼関係です)が無ければ時間外診察をお受けするのは逆効果だと思いますのでご了承ください。

長々と書きましたが、これからも来院してくださっている方々の為に頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

[PR]
# by algo0123 | 2017-09-20 12:18 | 動物病院