ゆっくりですみませんが、久しぶりの更新です。

最近患者数が増えているなぁ〜と感じていますが、飼い主様もハリネズミがブームなんですよと仰っています。

僕のイメージとしては診察室では9割方「フーッ、フッ、フッ、フッ、フシューーッ、フシューッ(あくまで僕の客観的な聞こえ方です。)」と怒って丸まっています。
でもたまに元気よく周囲の様子を探っている仔もいて、愛くるしい動きに癒されています。

そんな愛くるしいハリネズミですが、皮膚の病気が多いです。
d0359072_16283513.jpg






















写真の仔は皮膚に感染症を起こして、一部皮膚が壊死を起こして脱落していました。
幸いにも好奇心旺盛な仔で丸まらなかったので傷口の確認や検査、投薬の決定もスムーズに出来ました。
d0359072_16291480.jpg






















投薬後1週間後の様子です。
壊死した皮膚も再生してきて順調に回復してくれています。
d0359072_16301795.jpg






















治療終了時の写真です……。
治療が終わるころにはロクな場所じゃないと覚えたのかフシューッと言いながら怒っています。
写真を撮ろうとしても顔を見せてくれません。
でも良いんです。
えぇ、治ってくれればそれで良いんですよ〜。
……本当は触って遊びたいんですけどね〜( ;∀;)

[PR]
# by algo0123 | 2017-08-23 18:16 | 動物病院

トリミングについて


こんばんわ

トリマー兼看護師の川村です
院長が面倒忙しくて今回はせっかくなので病院でのトリミングをご紹介します

今回ご紹介するワンちゃんは、ニューファンドランドのよしのぶくんです!(^^)!
とても大きくて体重がなんと、、、50kgを超えています。

そんなよしのぶくん
ホテルをご利用の時にシャンプーをして帰ります


シャンプー中です!
お水を怖がることなくとてもおりこうさんです(^^♪
d0359072_19425062.jpg























ブロー中は、ドライヤー2台使ってやるので部屋の中がとても暑くなります
お互い暑さの戦いです
ですが、ブロー中も寝てしまうほどおりこうさんなんです

d0359072_19351690.jpg






















トリミング終了です!
暑い中とってもおりこうさんに頑張ってくれました(*^-^*)
d0359072_19391460.jpg






















ブログを見てくださった方で、もし当ブログに自分の仔を載せたい時は遠慮なくお声掛けください。



[PR]
# by algo0123 | 2017-07-24 20:00

こんばんは。
アルゴ動物病院院長です。

雨が降ったり、ジメジメしたりと梅雨ですね。
なかなか更新しない当院のブログみたいなじれったい季節がやってきました。

さて先日診察中に飼い主様から「先生の所はどんな手術をしていますか?」と質問がありまして、その疑問にお答えしようかと思います。
大雑把に言えば、心臓や脳以外と言う言い方になります(本当に大雑把過ぎです)。
パソコンが苦手な僕は全てお伝えするのは無理ですが、珍しいものから基本的なものまで何例か僕のパソコンスキルでお伝えできる範囲でお伝えします。
苦手な人は見ないでください。
大丈夫だという人も自己責任でお願いします。

?
d0359072_19344571.jpg

まずは去年毎月やっていた椎間板ヘルニアの手術です。
手術が必要の無いケースもありますが、去年は最終的に手術になる仔が多かったです。
幸いにも全員しっかりと歩けるようになってくれて、ほっと一安心です。

?
d0359072_19392626.jpg

これは解かり辛いですが、イヌの避妊手術です。
よくやる手術ですが、写真の仔は30?オーバーでなかなか大変でしたが無事に終わってくれてホッとしました。

?
d0359072_19425430.jpg

d0359072_19432988.jpg

写真は両方とも脾臓に出来た腫瘍の摘出手術です。
どっちの仔も高齢でしたが、頑張ってくれました。
経過も良好で再発や転移もなく元気一杯です。
飼い主様の笑顔と元気なワンちゃんをみることはこの上ない幸福ですね(^^♪

?
d0359072_19471527.jpg

d0359072_19472220.jpg

横隔膜ヘルニアの手術です。
横隔膜に空いた穴(写真上)を手術で閉じました(写真下)。
術中に突然亡くなることもあるのでかなりドキドキしていましたが、本当に頑張ってくれて次の日から食欲も旺盛で元気一杯に退院していきました。

?
d0359072_19514029.jpg

フェレットの毛玉症です。
かなりぐったりしていて手術に耐えれる体力があるかと心配でしたが、術後の翌日にはケロッとしていて逆にビックリしました。
何にせよ無事退院してくれて良かったです。

?
d0359072_19572919.jpg

胆嚢摘出です。
胆嚢粘液嚢腫という病気になってしまった仔で、緊急手術となりました。
術後に合併症などを起こしやすいのですが、元気に退院してくれてなによりでした。


他にも内視鏡による異物摘出、関節の手術や骨折の整復などやっていますがいつも写真を撮るのを忘れてしまっています。
無事に終わらせることで今は精一杯な部分もあります。
先日はハリネズミの手術などもしたのですが、術後の写真を撮ろうとしたら麻酔からすぐに覚醒して丸まってしまい撮らせてくれなかったです。
今後はなるべく撮るように頑張りたいです。

………パソコンスキルがどうとかいう以前の問題ということに最後に気づきました( ;∀;)

[PR]
# by algo0123 | 2017-06-09 20:17

どうも、アルゴ動物病院院長です。

なかなか更新できない日々が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この度、私事ですが家族が増えました。
前回の記事に書いてあった娘の事はこのことが関係していました。
娘が来ている間に来院された方々には、いきなり娘が診察室に乱入したりして本当にご迷惑をお掛けしました。

そんな事があったりしても皆様から暖かいお言葉を頂き本当に本当に感謝しております。
娘もそうですが私も、皆様やスタッフからの暖かいお言葉等に触れることができ少しは成長できたかなぁと感じております。


さて、産まれた子は男の子です。

実は中学生の時から僕はもし男の子が産まれたら伝えたい言葉がありました。
もうあれから20年近く経ちますが、今回その夢が叶うかもと思わずにはいられませんでした。

あれは確か林間学校みたいな形で中学生の時に授業の一環でキャンプに行った時のことでした。

当時中学生だった我々は思春期真っ盛りでした。
夜更かしをしたのが発覚した僕や友達は廊下に正座をさせられていました。
その時に別の部屋から担任の先生に見つかったK君がいやらしい本と共に廊下に連行されてきました。
そしてその本を持って正座させられていました。(今だったら問題なのでしょうか?)
我々は罪状は違えど共犯者みたいな空気が漂い、お互い失敗したなみたいな慰め合う視線を飛ばしあっていました。

その時です。

当時美術の先生だったM先生が見回りの際に、そのいやらしい本を取り上げたのです。
そして丁寧に読み上げて威厳たっぷりに一言こう言いました。

「まだまだ甘い。」

その場にいた全員がその一言でもうなんか色々勝てないと悟りました。
あの時ほど大人を感じたことは無かったと思います。

この言葉を息子が思春期になりそのような本を読みだして、そして発見したら伝えたいです。

本当に本当にくだらない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回辺りはそろそろ動物病院的な記事を書きますので見捨てないでくださいね。

[PR]
# by algo0123 | 2017-05-10 13:03

夜中のスタッフ?


こんばんは

夜の18:30頃から一人スタッフ?が増えてます。

僕の読んでいた本を「ねこちゃ〜ん」と言って有無を言わさず没収していきます。

そうです。

娘です。

ひとしきり表紙の猫をナデナデして、次の瞬間何故か「ミカン食べる〜」と叫んでます。

後一カ月位ですが、家事都合により夜だけ保育園が終わった後に病院に来ています。

皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解をいただければと思います。

d0359072_13375624.jpg


[PR]
# by algo0123 | 2017-04-08 20:19 | 動物病院